当サイトはアフィリエイト広告を使用しています(一部を除く)

【アフィリンク一切なし】マジでおすすめな光回線プロバイダーをぶっちゃけて書きました

酒を飲む光回線アドバイザーのイラスト

光回線はどこがいいのか?」と悩んでいる方の多くはGoogleやYahooで検索して情報を集めていると思います。

そもそも、なんで私がこういった記事を書こうと思ったかというと・・・

自分が加入しているエキサイト光の速度が遅くなってきて、情報収集のためにプロバイダーについてGoogleで調べていると、

「あれ・・・?これってほんと?」

みたいなサイトばかりが検索上位を占めていたから

です。

具体的に見たサイトは・・・

「○○○プロバイダーと契約すると損をしてしまう」ような書き方をしているが、実は「損」を回避できる方法があるのにそこは一切触れていないブログ

とか

Bというプロバイダーが安くて素敵なのに、Aというプロバイダーに誘導したいがためにBを悪く書くブログ

などがありました。

わたしはもう8年くらいサイトを運営してプロバイダーの知識も増えてきて、「これはちょっと違う・・・」と気付くときがあります。情報が古いサイトもあるし。

前置きが長くなりましたが、自分がリアルに乗り換え検討者になったので自分目線で

ぶっちゃけ、どのプロバイダーが最高なのか

について書いてみたいと思います。

※ ケーブルテレビがやっているプロバイダーなどは除外しています。

それにしても、必死に「どこのプロバイダーが良いんだ!早く乗り換えたい!」と調べてみると、クソみたいなアフィリエイトサイトしか出てこないのよ!!自分のサイトもクソかもしれないけど!

こちらの記事には一切アフィリエイトリンク(広告)は貼っていません

nuro光

nuro光のスクリーンショット

nuro光は速度が物凄い速いですが、何もかもパーフェクトという訳ではない。

フレッツ光の場合は最短で12日くらいかかりますが、工事に時間がかかる(3週間~1ヶ月くらい)という点がデメリットかなと思います。

nuro光の個人的に気になる点は、

  「月額料金の支払いにデビットカードが対応していない (クレジットカードのみ)」
  「口座振替だと手数料が発生する」

という点です。

nuroは口座振替に対応しているんだけど、手数料220円かかるんだよね。

220円ごときって思われるかもしれないけど、月額料金と合わせると5,400円になります ※ クレジットカード持っている人は一切問題ありません。

nuroは戸建ての人には良いと思う。

月額5,200円(税込)なので、戸建ての相場(フレッツなどと比べて)、平均レベルの料金です。しかも、フレッツ回線より速度が速いので魅惑的に感じています。

あと、Twitterを見てみると、PS5やPCなどのオンラインゲームをやる場合、海外のIP(ドイツとか)になってしまう場合があるようですが、ゲーム運営側に伝えると対処してくれるとか・・・

最近は加入者増加で速度低下の声もちらほらあり、オンラインゲームをするにはそこまでおすすめできないかもしれません。

 < NURO光のグッドポイント >

  戸建ての場合は安い

ぷらら光

ぷらら光のスクリーンショット

2019年7月からドコモの子会社になり、2022年6月にドコモと吸収合併し、新規申込できなくなりました。

ぷらら光も良さげです。

やっぱり月額3,960円(税込)なのは安くて素晴らしい

あと、ぷららはいつも速度改善をちゃんとやってくれるという印象があります。

仙台の実家ではISDN ⇨ ADSL ⇨ 光回線でずっとぷららを使ってきていて、不満はなかったです。

それに、4年前にぷらら光に電話をかけた際のサポートの方が好印象だった。過去に合計3名の方のオペレーターと話していますが、全員、受け答えがとっても感じが良かった。

プライベートホームページも持てますが、今はロリポップとかネットオウルなどとかで安く独自ドメインのサーバーを借りられる時代なのでどうでもよいです。

なぜぷらら光ディスり記事が多いのか?

ぷらら光で検索すると、「ぷらら光はお得ではない!」と書いてある記事がめちゃめちゃ出てきます。

なんでぷらら光をディスって書いているブログが多いかというと、

ぷらら光はアフィリエイトの報酬が少ない

というのが理由です。

いくらか具体的な金額は書きませんが、一般的なプロバイダーを紹介するときに貰える額の3分の1くらいで、プロバイダーの中でかなり安い部類です。

※ 現在、ぷらら光のアフィリエイトから撤退しました。

また、いろいろなブログで「ぷらら光はスマホ割がないからお得ではない」と書かれています。

しかし、最近はMVNO時代なので、スマホと光回線のセット割にこだわる人はどれくらいいるのだろうか?と疑問を持っています。

私のように格安SIMのスマートフォン持ってる人にとっては、スマホとのセット割はまったく関係のない話です。

また、ぷらら光はキャッシュバックをもらうと3年縛りになり違約金が発生する、という話もありますが、それは事実です。

でも、3年縛りが嫌なら「キャッシュバックをもらわなければ良い」だけです。

キャッシュバックを申し込まなければ「縛り」という制度から解放されます

キャッシュバックの基本的概念は、「長い期間利用すれば金をやるよ」って話です。約束破ったら罰則ね、みたいな。

個人的にはキャッシュバックの額にとらわれてプロバイダー選びはしない方が良いと思っています。もらえたらラッキーで良い気がします。


ちなみに2019年8月から筆者はエキサイト光からぷらら光に乗り換えました。

エキサイト光を使っていた時は夜は3Mbpsくらいしか出なかったのに、ぷらら光に変えてから夜でも100Mbps出るようになりました。

OCNバーチャルコネクトは正直、PPPoEより遅いですが、昼も夜も100Mpbsは超えています。

2019-09-02 19時41分のぷらら光の速度

2019-09-02 19時41分のぷらら光の速度(PPPoE)

光コラボの事業者変更を使って乗り換えた方法をレポートしているので、参考にしてみて下さい。

光コラボから他の光コラボに乗り換えた時の体験談と手順を書きました。2019年7月から工事費無料で事業者変更が可能になりました。エキサイト光からぷらら光に移行して速度も向上し満足しています。MEC光も基本的に同じ乗り換え方法なので参考にしてみて下さい。

こちらの記事では私がぷらら光に乗り換えて5ヶ月経ったときの感想を書きましたので、参考にしてみてください。

光コラボ「エキサイト光」から「ぷらら光」に事業者変更で乗り換えて2年。評判が悪いと言われているが、実際に使い続けてどうなのか、感想や速度の計測について詳しく載せています。また、乗り換えてインターネットライフがどう変わったかについても書きました。

 < ぷらら光のグッドポイント >

  安い
  OCNバーチャルコネクト対応で速度安定してる

他のプロバイダーはどうなのか

  まぁまぁかな・・・という感じのプロバイダー

nifty、So-net光プラス

「@nifty」は「So-net光プラス」は月額料金が高いです。どちらも割引期間(36ヶ月等)が終わるとマンションタイプで4000円台後半になります。

後述しますが、特にこの2つのプロバイダーは速度制限で話題になった過去があるので要注意。

2022年4月、So-net光プラスは公表していませんが、価格.comやTwitterなどで見る限り、速度低下の時期があったようです。

2020年4月から「@nifty光のV6プラスの夜の速度が遅くなった」という声をよく見るようになりました。理由は公式のお知らせに書かれているように公平制御が関係している可能性があります(IPv6接続オプションも対象)。詳しく解説や独自の考察と乗り換え先のおすすめのプロバイダーについても載せています。

BIGLOBE光

「BIGLOBE光」は(東日本エリア間・西日本エリア間で)は移転工事費が無料になるので頻繁に単身赴任やら引っ越す人には良い。キャッシュバックが40,000円もらえるが、月額料金が4,300円とちょっとお高め。

エキサイト光、MEC光

「エキサイト光」から乗り換えたい方も多いと思いますが、わたし的には速度低下で困らされたのでおすすめしません。

速度に関して、別の記事でも書いていますので、参考にしてみて下さい。

NTT東日本・西日本のコラボ光の「MEC光」が2019年5月から速度が遅い理由をエキサイト光ユーザー歴4年の筆者が解説しています。

「MEC光」は2019年5月くらいから速度に関しての評判が悪かったですが、 2023年7月現在、みんそくを見ると今はかなり改善しているようです。夜でもダウンロード速度が300Mbps超えてます。


いままでの光回線の常識「縛り」はまだクソなのか?

いままでは「縛り」=クソ というイメージがありましたが、「違約金」が2022年7月1日からの電気通信事業法改正により「最大1ヶ月分」となりましたので、そこまでクソではなくなりました。 総務省|電気通信消費者情報コーナー|消費者保護ルール  違約金に1万、2万とかボリまくり、自由に移行させずらくする”非ユーザー目線”の経営スタイルを取っていた業者は悔い改めるべきです。

いいかんじなプロバイダー

DTI光

DTI光」も良いと思います。月額3,960円(税込)で安いし、7ヶ月利用するとだいたいの工事費代(15,000円)がキャッシュバックされます(マンションタイプの場合、13,000円戻る)。

enひかり

他には「enひかり」も月額3,520円(税込)で安いです。

V6プラスをオプションで加えると+198円(税込)かかりますが、それでも合計3,718円(税込)とめちゃめちゃ安い。

enひかりの方が「速度制限をしていない」と問い合わせに答えていたので、結構良いんじゃないか?

情弱を狙ったような “派手なキャッシュバックキャンペーン” や “工事費無料特典”などを一切行っていない、硬派な印象のプロバイダー。

また、問い合わせの電話が03のダイヤルだったり、マイページがなかったりするので、そこらへんの最低限のコストを削って、速度維持やサービス内容などに回しているのでしょう。

とは言え、夏にはお歳暮として「そうめん」ギフトが送られてきたりして、既存客を大切にするプロバイダーはなかなか珍しいです。

おてがる光

おてがる光」もenひかりと同じく、月額料金が安いです(3,608円 税込)。問い合わせがフリーダイヤルで安心感はあるが、気軽に問い合わせする人が多い(?)のか、電話が繋がらないと言っている人をTwitterでたくさん見かけます。

あと、速度が遅いという声も見かけますが、V6プラスのオプションを追加していないのかもしれない (?)。

工事費無料キャンペーンが最近よく行われている。

GMOとくとくBB光 (GMO光アクセス)

GMO光アクセス」は月額料金が3,773円でV6プラス付きなのでかなり安い。

GMO光アクセス=「GMOとくとくBB光」は、まったく同じ回線です。2つの名前はユーザーを混乱させています。

限定特典サイトから新規回線で申し込むと工事費が毎月割引になり、36ヶ月以内に解約すると工事費の残債を支払う必要があるのは注意。

マンションタイプ(新規回線の場合)  : 工事費 25,300円 (実質無料だが、36ヶ月以内の解約で残債発生)

ここは縛りがないことを売りにしていますが、実際には工事費残債がほぼ違約金のようになっています。とりあえず3年は利用し続けたい。※ ちなみに他のフレッツ系回線から乗り換える場合は工事費と残債は不要

キャッシュバック特典が40,000円とかなり高額だが、2回に分けて2万円ずつ、約1年後と約2年後に受け取ることになる。1年以内に解約する場合は他の光回線のほうがいいです。

ちなみに、以前、メール問い合わせした際に「速度制限していません」とサポートの人が回答していたので、いまのところは速度面は大丈夫そうです。

プロバイダーを見極めるポイント3つ

結局、良いプロバイダーを見極めるポイントとして、

  速度が遅くなった場合でもちゃんと改善をしてくれるプロバイダー
  信頼できる会社(?)
  キャッシュバックがガンガン貰える会社は不安

だと思います。

あと、

  プロバイダーを「経営者視点で見る」のも大事かも

という気がします。

また、

なんでそんなに高額なキャッシュバック特典が提供できるのか

という疑問を持つことも大事だと思います。

キャッシュバックがもらえるプロバイダーのほとんどは縛りや違約金制度を設けています。

特典や工事費無料などのコストは、既存客の月額料金から支払われているので、その分、月額料金が高くなっている傾向があります。

派手なキャッシュバック特典ばかり展開しているプロバイダーは、ユーザー数ばかりが増えるが速度環境の維持にコスト(VNE業者で帯域を購入)に大きく割けていないことから、速度低下に繋がりやすい場合が多いと思います。

もちろん加入者が増えたとしても、ちゃんと速度の安定化にコストを費やしていれば問題ありません。しかし、加入者を増やすだけ増やして何も対策を行わなければ、ユーザーによる速度低下の不満が増えてくることになります

結果的に、So-net光プラスの「さくさくスイッチ」、OCN光「IPoEアドバンス」などといった

元々速いはずの”IPoE”を高速にするという意味不明なオプション

を付けざるを得なくなるのでしょう。例:高速道路内に有料の”超高速レーン”を設ける、みたいなものでしょうか。

だいたいのプロバイダーでは意味不明なオプションなんてなくても、とりあえずIPoEなら夜でも快適にネットできるんだよ。

通信ビジネスの金のかけかたのどこかがおかしい、ということではないでしょうか。

近年、老舗だから安心できる訳ではなくなってきている

大企業の@niftyでも公平制御が行われていて、多くのユーザーが不満を漏らしているのをTwitterで見ましたが、あんなに老舗のプロバイダーでもそういうことをするようなので、よい光回線を見極めるのはとても難しい。

古くからあるhi-hoなどのパナソニック系のプロバイダー(クラウドラインとか光ギガ)でも同じようなことがありました。

キャッシュバックがめっちゃ貰えるSo-net光プラスも、2022年4月、速度低下の声がめちゃ聞かれるようになってきているので、「あの大企業なのに!!?」みたいなこともあります。


また、プロバイダーにとって、キャッシュバックや工事費無料は「速度を安定化させること」よりもかなりコストが大きいのでしょう。

例えば、So-net光プラスが経営側として払っているコストは・・・

  • ⇨ NTT : 工事費代金 16,500円
  • ⇨ 客 : キャッシュバック 60,000円

こちらの76,500円のコストは、他社より月額料金を1,000円くらい上乗せしたとしても、利用者にだいたい7年くらい使ってもらわないといけません。

しかも・・・

  • いまは他のプロバイダーに気軽に乗り換えられる (事業者変更制度)
  • 2022年7月からの法改正により違約金が最大月額1ヶ月分になった

といった現状から、月額料金が安いプロバイダーへ移行するユーザーがいままで以上に増えていくでしょう

とにかく、

キャッシュバックで客を釣ってバンバン加入させて、速度?そんなものはしらんがな、みたいなプロバイダーだけは避けたいものです。

まとめ

ポイントは・・・

  • コストをどう削っているか
  • 経営はどうか

などといった視点でプロバイダーを見ていくことが大事だと言えます。

プロバイダーを見極めるのは難しいです。最初は速度が安定していたのに、人が増えたら速度が遅くなった・・・とかもありますし。

私はエキサイト光からぷらら光に乗り換えて、月額料金が300円くらい高くなりましたが、速度は安定し、ストレスがなくなりました。

だから、結局は料金や特典うんぬんより「速度」を重要視することが大事だと言えます。

あとは、

Twitterで「気になるプロバイダー名」で調べたり、5chで情報収集

は絶対行ってください。

そのプロバイダーの掲示板の内容のほとんどが「速度不満」に関する事だらけ、殺伐とした雰囲気の場合は要注意です。「どのルーターがおすすめなのか」など機器の質問や回答の話題が多く、ほんわかした雰囲気の所は大丈夫かも??

2022年9月現在、nuro光とSo-netの光の5chスレッドは気持ち悪い画像ばかりが投稿されて荒らされています。しかも、他のスレッドにも派生して侵食し始めているので、

Google Chromeの設定で・・・

[設定] → [プライバシーとセキュリティ] → [サイトの設定] → [画像] → [画像の表示を許可しないサイト] → [追加] → https://mao.5ch.net

で5chのプロバイダーの全てのスレッドで画像が非表示になりますのでお試し下さい。

ブログをやっている自分に矛盾してしまいますが、GoogleやYahoo!から見つけられる情報だけではなく、SNSなどいろんな媒体で調べたほうが良いです。

関連記事

星の数ほどプロバイダーが多い昨今ですが、どこの業者が自分にぴったりなのかすぐに分かるチャートを作ってみました。「どこのプロバイダーに...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする