ソフトバンク光からの乗り換え先はどこがベストなのか?

sofbank3

Softbankユーザーの一部の方が「契約が二重にされていた!」とか「つながらない!」等、不満を感じていらっしゃる方がいるようです。

2019年7月1日から、他の光コラボへの乗り換えがとても簡単になったので、お気軽にソフトバンク光から変更できるようになりました。しかも工事費無料です。

そんな訳でSoftbank光ユーザーに おすすめの光回線 の乗り換え先について紹介します。

ソフトバンク光はセキュリティやらなんやらオプションが多いプロバイダーです。

なので、

「余計なオプションに加入しなくてもOK」

「月額料金が安め」

というプロバイダーを紹介します。

おすすめ先の結論を書くと、、、

  enひかり [3,718円(税込)]
プロバイダー業界の中でかなり激安なのに速度安定している
  DTI光 [3,960円(税込)]
安くて、特にauユーザーはよりお得に
  ぷらら光 [3,960円(税込)]
比較的安い・無料でルーターをレンタルできる
  nuro光 [5,217円(税込)]
速度がとても速いし、キャッシュバック45,000円もらえる

の4つです。

楽天モバイルと契約すると1年間無料になる「楽天ひかり」が、ソフトバンク光からの乗り換え先としてとても人気がありますが、3年契約縛り・違約金約1万円かかるので、それでもいいという方は契約しても良いかもしれません。

それぞれのプロバイダーについて詳しく書いていきます。

縛りがなくてめちゃめちゃ安い「enひかり」

enひかりの料金のスクリーンショット

最近、知名度が上がってきた「enひかり」。月額料金の安さと縛りがないというシンプルなサービス内容に人気が出ているようです。

enひかり
  月額料金 (マンション)  3,718円(税込)
<V6プラスオプション198円を入れた場合の料金>
  月額料金 (戸建て)  4,818円(税込)
<V6プラスオプション198円を入れた場合の料金>
 特典 Wi-Fiルーターが格安で購入可
dTV2ヶ月無料

DTI光やぷらら光と違って、IPoEを利用する際はオプション申込みが必要です。また、月額198円(税込)なので合計しても3,700円台と非常に安くなっています。

こちらも縛りがないので解約時は違約金がかかりません。サポートがしっかりしていて、70Mbps以下になった場合は相談ができるという点が安心だと思います。他のプロバイダーのサイトにはそのような記述はないので、自信があるのでしょうね。

あまり大きくない会社ですが、ユーザー目線で定評があります。詳しくは別記事でまとめているので参考にしてみて下さい。

「enひかり」の評判がとても良いですが、料金やサービス内容や速度、工事費なども含め、個人的にナイスだわ!と思う箇所や注意するべきポイントについて書きました。IPoEはオプションで追加できますが、transixよりもV6プラスがおすすめ。また、事業者変更承諾番号の取得が無料なので他の光コラボにも乗り換えやすいです。

auスマホユーザーは安くなる「DTI光」

DTI光のスクリーンショット

ドリーム・トレイン・インターネットの「DTI光」は月額料金が比較的安いです。

料金は

DTI光
  月額料金 (マンション) 3,960円(税込) 
  月額料金 (戸建て) 5,280円(税込) 
特典 auスマホセット割あり

もちろん速度の速いIPoE回線が無料で利用できます。以前はIPoEはV6プラスでしたが、現在はOCNバーチャルコネクトになっています。夜でも安定した速度でインターネットが利用できます。

また、auのスマホを持っている人はもっと安くなります (プランによって割引額が異なります。500円、1200円引き)。でも、auの割引がなくても十分安いです。

プロバイダーのメールが貰えて、しかも月額料金が安い「ぷらら光」

もう一つのおすすめは「ぷらら光」です。

月額料金は、

ぷらら光
  月額料金 (マンション) 3,960円(税込) 
  月額料金 (戸建て) 5,280円(税込) 
特典 無料で無線LANルーターレンタル
メールアドレス無料
ひかりTVエントリープラン自動加入

DTI光と同じ料金です。他のコラボは月額5000円越えしているものがほとんどで、4000円台ってなかなか無いんですよね。

2年縛りも無し。もちろん違約金もありませんので、いつ辞めても大丈夫なので安心です。

ぷららはエキサイトと違って、  プロバイダのメールアドレスが1つ無料で貰えます。通販を利用しているとたまに「プロバイダのメールでお願いします」と言われる時があるので、そういう時に非常に重宝します。ちなみに、こちらも速度は1Gbpsです。

その上、無料で無線LANルーターをレンタルすることができます。

レンタル提供される機器は・・・

Buffalo「WSR-1166DHPL2PL」

だそうです。もらえる機種はたまに変わるので気になる方は問い合わせたほうが良いかも。

  ぷらら光は2018年3月からIPoE対応 (→OCNバーチャルコネクト) になっています。
その上、ひかりTVのエントリープランに自動加入になります。アニメや映画、ドラマなどかなりの数の映像作品が追加料金なしで見放題です。
クリックすると大きくなります

月額料金が安く、速度が速い「Nuro光」

nuro光のスクリーンショット

最後は「Nuro光」です。このサイトでも何度も紹介しております。

月額料金は、

nuro光
  月額料金 (マンション) 5,217円(税込)
  月額料金 (戸建て) 5,217円(税込)
特典 キャッシュバック45,000円

しかも、速度が最大2Gbps。これは他のコラボとは違います。※ 速度が速いので、有名なYoutuberの方で使っている方もよく見かけます。UUUM系の方が多い印象。

工事費は毎月割り引いてくれるので、実質無料です。

その上、So-netのオフィシャル限定サイトから申し込むと今なら    キャッシュバックが45,000円貰えます (以前の35,000円から増額しました)。

  ソフトバンクの携帯を持っている人は、「ホワイトコール24」(Nuroひかり電話とソフトバンク携帯間が24時間いつでも無料になる)が利用できます。もちろん、「Nuro光でんわ」(月額500円)を申しこむ必要があります。

それと、「スマート値引き」も使えるようになります。また、NURO回線開通したあとにホワイトコール24を申し込むと、ソフトバンクのスマホやiPadなどのパケット定額料金が最大で毎月2000円安くなります。

その上、  Nuro光が開通するまでWifiルーターをレンタルできるサービスも利用できます。1日単位でのレンタルも可能です。引っ越し先で開通までのつなぎとしても使えます。

緑の日本地図アイコンただし1つ注意が必要なのが、今のところエリアが北海道・関東・東海・関西・九州だけなので、東北地方や北海道、沖縄に住んでいる方は利用できません。

まとめ

月額料金  最大速度  縛り  事業者変更の工事費  キャッシュバック 
enひかり 3,718円(税込) 1Gbps なし 0円 0円
ぷらら光 3,960円(税込) 1Gbps なし 0円 0円
DTI光 3,960円(税込) 1Gbps なし 0円 0円
NURO光 5,217円(税込) 2Gbps 2年毎 0円(実質無料) 45,000円

  マンションタイプの場合です。nuroは戸建てとマンションどちらも5,217円(税込)です。
  ソフトバンク光から事業者変更をする場合は工事費はかかりません
  Nuroは工事費が毎月割引されますので実質無料です。
  enひかりの月額料金はIPoEオプション(V6プラス)を合計した料金で計算

そんな訳でおすすめ光サービスを4つ紹介してきましたが、期間が限定されてしまう割引制度無しで、3000~4000円台でずーーっと使い続けられるが特長です

  で、結局、どこが良いんだよ!

  「enひかり月額料金 3,718円(税込):トップクラスに安い&縛りなし

  「ぷらら光月額 3,960円(税込):無線LANルーターを無料レンタルできる

  「DTI光 月額 3,960円(税込):auのスマホユーザーは月額料金が割引になる

  「NURO光月額料金 5,217円(税込):工事費が実質無料、キャッシュバックを4万5000円もらえる

ソフトバンク光から他社コラボ光に乗り換える方法

  [朗報!] 2019年7月1日から光コラボ→光コラボへの変更が工事不要になりました。

ソフトバンク光の解約と乗換手順

  1. ソフトバンク光に電話をして、事業者変更承諾番号を手に入れる。  「電話」0800-111-2009 (10:00~19:00 年中無休) ※ ツイッター情報によると、1年割引などを提示されたりするようですので、がんばってゲットして下さい。
  2. 乗り換えたい光コラボのプロバイダーに申し込む。ソフトバンク光からもらった事業者変更承諾番号を入力する。※ NTT西日本エリアの方は契約番号(CAF番号)も必要
  3. ソフトバンク光を解約

他のコラボ光のプロバイダーへ乗り換える際の情報は他の記事で書いているのでご覧頂けたらありがたいです。

下記は私がエキサイト光からぷらら光に乗り換えた時の実体験記事です。ソフトバンク光から乗り換える時も基本的な流れはほとんど同じなので参考になると思います。

光コラボから他の光コラボに乗り換えた時の体験談と手順を書きました。2019年7月から工事費無料で事業者変更が可能になりました。エキサイト光からぷらら光に移行して速度も向上し満足しています。MEC光も基本的に同じ乗り換え方法なので参考にしてみて下さい。
ソフトバンク光からnuro光に乗り換えたい場合は「事業者変更の方法が使えない」ので、まずはnuro光に新規申し込みをしてから、ソフトバンク光を解約して下さい。

まとめ

docomo光やソフトバンク光のような他社サービスでは「スマホ持ってる人は安くなる~」というキャンペーンは多いですが、スマホのプランなんて結構変えますし、この頃はSIMフリーの方が安いです。

割引とか色々ごちゃごちゃしててめんどくさいですよね。それなら、月額これだけ!」とずっと料金が安いままのサービス業者を選んだ方が良いと思います。

ご自身が何を重要視するのか、ご家族としっかり話し合って考えてから選んでみてはどうでしょうか。

V6プラスの速度が遅いと感じている方が増えている原因として、近年、プロバイダーが通信速度制限を行っている場合があるようです。IPoEでも公平制御を行っていない光回線プロバイダーについて実際に問い合わせた結果を載せています。
星の数ほどプロバイダーが多い昨今ですが、どこの業者が自分にぴったりなのかすぐに分かるチャートを作ってみました。「どこのプロバイダーに...

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク