自分に合った光回線がすぐに分かるYES/NO診断チャート

星の数ほどプロバイダーが多い昨今ですが、どこの業者が自分にぴったりなのかすぐに分かるチャートを作ってみました。「どこのプロバイダーにしようか、悩みまくってどうしよう!」という方は是非、参考にしてみて下さい。

2021年9月版です。
速度が遅くなるという声が多く見られるプロバイダーは除外しています。

光回線を引きたいあなたへのYES/NO診断チャート

Q1
2年・3年縛りは嫌だ!

動作しない方は下記の画像でやってみて下さい!

光回線おすすめYES/NO診断チャート

  A を選んだあなた

nuro光」がおすすめです。nuro光はSo-netの光回線サービスです。特徴は・・・

  • 2年縛りあり
  • 工事費が無料 (毎月割り引かれる)
  • 速度がどこよりもめちゃんこ速い (ダウンロード最大2Gbps)
  • ゲームバリバリしたい、動画めちゃめちゃ観まくりたい人にオススメ
  • Youtubeに動画を毎日ガンガンアップロードする人にも良い

あと、So-net公式のオフィシャルの特設サイトから申し込むと、4万5千円のキャッシュバックが受けられます。




関西エリアに住んでいる人限定

関西エリアにお住まいなら eo光も良いです。1ギガコースのほかに、速度5ギガ・10ギガコースもあります。他社のプロバイダーなどから乗り換える際に、違約金などを最大50,000円現金で還元してくれる特典もあるので、なかなかお得です。

  • 工事費が実質無料 (毎月割り引かれる)
  • 最大12ヶ月2,200円引き
  • 他社違約金補填(撤去・違約金)最大50,000円
  • 家族でがんがんYoutubeみたりする人におすすめ
  • 商品券1万円プレゼント
  • 関西限定

となっております。

EO光

  B を選んだあなた

そこまで恐ろしく速い回線ではありませんが、YoutubeやNetflixなどの動画を見たり、ゲームしたりするくらいはまったく問題ない回線が欲しい方にぴったりのプロバイダーです。

Bのプロバイダーの工事費は、毎月割り引いてくれるので実質無料です。

ただ、10分以上の大容量な動画などをYoutubeにアップロードしまくる事が多い方は 「A」の方が良いです。

これらのプロバイダーでどれが良いのか迷っている方は・・・

毎月とにかく安くしたい

So-net光は工事費を48ヶ月に渡って割り引いてくれます。48ヶ月というと4年ですので、なかなか長いと感じるかたも多いかもしれません。ずっとSo-netを使い続けるぞ!という方には良いと思います。しかも最大70,000円のキャッシュバックももらえます。

ドコモのスマホを持っている

2019年9月1日から  ドコモ光工事費が無料になりました。ドコモ光だと、ドコモのスマートフォンを持っている場合はセット割になりますし、2年毎にドコモポイント3000ptもらえます。しかも、ルーターが無料でゲットできて、15,000円キャッシュバック特典もあります。

あと、こちらの「ドコモ光×ぷらら光」でも「ぷらら光」でも、どちらに加入しても、ひかりTVエントリープランが追加オプションなしで無料で利用できるようになるので、アニメとか映画とかかなり見放題になります。

見られるアニメ一覧のサムネイルです。↓クリックで画像が大きくなります。

ぷららで無料でひかりTVエントリープランで見れられるアニメの一部 (2021年9月現在)

auのスマホを持っている

また、  DTI 光は利用して7ヶ月後に工事費分のキャッシュバックがもらえるので実質無料となります。その上、auのスマートフォンをお持ちの方は、「DTI光」「ビッグローブ光」だとセット割が適用されるのでお得になります。どちらも同じ割引額です(500円 or 1200円)。

めっちゃ早くキャッシュバックをもらいたい

ASAHIネットは工事費代のキャッシュバックが最短3ヶ月でもらえるのが良いです。しかも、新規加入者にはスタートキャンペーンで2年に渡って月額料金の割引があります。こちらもauのスマホとのセット割があります。

頻繁に引っ越しをする

ビッグローブ光も工事費無料で、しかも引っ越しの際にかかる工事費も費用もかかりません (3年契約の場合)。その上、キャッシュバックも30,000~40,000円もらえます。

少しお高めのルーターを無料レンタルしたい人

GMO光アクセスで急遽、工事費無料キャンペーンが始まったので追加しました。

しかも、2021年7月に問い合わせた時は「速度制限は行っていない」と返答がありましたので、速度は安定していると思います。

その上、無料でルーターがレンタルできます。安いルーターではなく、8,000円以上のなかなか良い製品が送られてくる点が◎

注意点は新規の申し込み」しか受け付けていない点です。

  C を選んだあなたは・・・

もうどれを選んでも良いです。

OCN光、ソフトバンク光、どこも大きな違いはありません。

また、「月額料金安くする代わりに2年・3年契約になります」、という所が多いです。

スマートフォンのSIMフリーが「OCNモバイルONE」の方が「OCN光」に加入するとちょっとお得になります。しかし、OCN光は3年縛りです。

ドコモ光の場合、ご家族がドコモのデータパックに加入している場合は安くなります。なので、携帯電話会社に合わせるのも良いでしょう。ドコモならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光、など・・・

個人的に私はスマートフォンのSIMがOCNモバイルONEですが、OCN光には加入していません。3年縛りが嫌だからです。

スマートフォンと光回線を同じ会社にすれば請求を一括でまとめられます。しかし、私はもう何年もスマートフォンの月額料金と光回線の月額料金が別々で引き落とされていますが、とくに不便は感じていません。

  D を選んだあなたへ・・・

2年・3年縛りが嫌だ!

という方にオススメなのが、

  • enひかり」(月額3,718円(税込) 高速回線オプション付けた場合の料金)
  • おてがる光」(月額3,773円(税込) 高速回線オプション付けた場合の料金)
  • ぷらら光」(月額3,960円(税込) 高速回線込み)

です。これら3つの業者も縛りは一切ありませんので、いつ解約してもお金がかかりません

ちなみに新規工事を行う場合は16,500円~かかりますが、すでに今、フレッツ光やコラボ光を使っている人は工事費無料です。

※ ちなみに現在ADSLを使っているユーザーの方は、「ぷらら光」「DTI光」「おてがる光」に加入すると工事費が無料になります。

また、こちらの3つの回線は最近流行りの IPv4 over IPv6 V6プラスに対応しているので速度が夜でも安定しています。

それぞれのプロバイダーを詳しく紹介すると・・・

  enひかりはとにかく月額料金が安くて人気が出てきており、高速回線のIPoEをオプションで付けても合計3,718円(税込)なのでお得。ahamoを使っていると、さらにこの料金から110円割引になります。

しかも、戸建ての工事費が16,500円なので他より安いです(他のプロバイダーは19,800円です)。

また、たまに無線LANルーターが1,100円で買えるキャンペーンを行っている場合があります。その上、速度が70Mbps以下になったらサポートに相談できるので安心感があります。

結構、ユーザー目線でいろいろ考えてくれるプロバイダーなので、私的には一番おすすめ◎

「enひかり」の評判がとても良いですが、料金やサービス内容や速度、工事費なども含め、個人的にナイスだわ!と思う箇所や注意するべきポイントについて書きました。IPoEはオプションで追加できますが、transixよりもV6プラスがおすすめ。また、事業者変更承諾番号の取得が無料なので他の光コラボにも乗り換えやすいです。

  ぷらら光は月額料金も控えめで◎ (3,960円(税込) )。しかも新規事務手数料が無料なので、転用や光コラボから事業者変更で乗り換えるの方は一切費用なしで乗り換えられます (※ 今使ってるプロバイダーの契約状況により、違約金がかからない場合)。

上記にも書きましたが、追加費用なしでひかりTVエントリープランが使えるようになり、映画やドラマ、アニメなどが見放題になるのも◎。

ちなみに「ぷらら光」は筆者が現在利用しています。1年半使った使用感は別記事で書いていますので、参考にしてみて下さい。

光コラボ「エキサイト光」から「ぷらら光」に事業者変更で乗り換えて8ヶ月。評判が悪いと言われているが、実際に使い続けてどうなのか、感想や速度の計測について詳しく載せています。また、乗り換えてインターネットライフがどう変わったかについても書きました。

2019年11月18日にサービス提供開始した   おてがる光も2年縛りなく、月額3,773円(税込) (V6プラスオプションを入れた場合の合計価格)とかなり安いので、少しでも節約したい方にぴったりです。

 ※ おてがる光は口座振替・クレジットカードで支払い可能ですが、デビットカード支払いが不可なので、デビットカードで支払いたい方はぷらら光enひかりが良いです。こちらの2つのプロバイダーでは支払い可能です。

E を選んだあなたへ・・・

楽天ひかりのサイトのスクリーンショット

乗り換えで申し込みたい場合、  楽天ひかり がおすすめです。なぜ、おすすめなのかと言いますと、

1年間 月額料金が2,000円引き になる

という、なかなかとんでもないキャンペーンが実施されています。戸建てなら3,080円(税込)、マンションタイプなら1,980円(税込)が13ヶ月続きます。

その上、Rakuten UN-LIMITをすでに契約 or 同時に契約を行うと、Rakuten UN-LIMITと楽天ひかりがどちらも1年間無料になります。

楽天ひかりの月額料金が1年かからないので、ほぼ工事費代が相殺される感じです。

もちろん、Rakuten UN-LIMITを契約していなくても、ちゃんと1年間1,980円(税込)(戸建ては3,080円(税込))で利用できるのでそれだけでも十分お得です。

ちなみに楽天ひかりは3年縛りなので、途中で解約すると解約金が9,500円かかります。他のプロバイダーと比べて、違約金が意外と安いのも良い。

 F を選んだあなたへ・・・

また、頻繁に引っ越しする可能性がある方は、引っ越し移転費用無料の ビッグローブ光がおすすめです。しかもこちらは工事費が実質無料です。

また、注意すべき点はビッグローブ光は3年契約です。3年以内に解約すると違約金が11,900円かかります。引越し後もずっと「長くビッグローブ光を使っていくぞ!」と考えている方には良いと思います。

まとめ

  全部読まれた方は分かると思いますが、光回線プロバイダーには特長が2つある事にお気づきでしょう!

それは・・・

  2年・3年縛りがないが工事費有料
  2年・3年縛りがあるけど工事費無料

この2つのパターンです。

私的には工事費が有料であっても、2年・3年縛りがないプロバイダーがおすすめです。

これから 5G の無線でばんばんインターネットができる世の中になっていくようなので、光回線を解約したい方も出てくるかもしれません。今すぐじゃないですが、2~3年以内には5Gが普及してくると思われます。なので、将来的に考えても

縛りがあるものはキツイ

かもしれないですね。

それぞれライフスタイルが違うので、一概にこれが良い、とは言えません。引っ越しの予定があるか、等などでどのプロバイダーが自分に合っているか変わってきますもの。

また、光コラボから他の光コラボへ乗り換える場合 (← 事業者変更と呼びます)、工事費はかからないのでどこを選んでも大丈夫です。上に書いたように2年・3年契約など縛りや違約金のないプロバイダー、auセット割になるプロバイダーもあります。

是非、チャートを参考にして、ゆっくりじっくり考えてみて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク