新規参入したDMM光って本当にお得なのかしら?

dmm-hikari

ビデオオンデマンドや通販でおなじみ「DMM」が参入してきました。

サービス内容はどういったものなのか、お得なのかどうか、考察していきたいと思います。

2019年9月1日からDMM光は楽天モバイルになります。新規申し込みは終了しました!

料金はどうなのか

 ファミリータイプ(戸建て)

月額 4,820円 (税込み 5,256円)

月額(2段階定額) 3,720円~5,420円 (税込み 4,017円~5,853円)

 マンションタイプ

月額 3,780円 (税込み 4,083円)

DMMはOCNやドコモ光などの「コラボ」と違って、二段階定額を設定しています。フレッツ光でも二段階定額を提供していますが、それと似ています。

転送量3GBまでは3,720円、それ以上は使った分だけ料金が発生し、10GBで打ち止めとなります。また、10GB以上使っても5,420円のままです。

なので、

5GB使うと4,000円

8GB使うと4,800円

とか、そんな感じです。スマートフォンのパケット代みたいな感覚です。ちなみに、マンションタイプには二段階定額はありません。後で書きますが、二段階定額はあまりオススメできないので・・・気にしなくて良いと思います。

工事費はなんと2017年12月からずっと無料になりました。

  • 戸建てが2,000円~18,000円 0円
  • マンション集合住宅が2,000円~15,000円 0円

なので、他社などの一般的なコラボサービスと同じです。

オプションサービスとして、DMMひかり電話が500円、光テレビが660円となっています。また、お持ちのパソコンなどの端末保証サービス500円もあり、他社にはないオリジナリティが感じられます。しかも、最近増えつつある 「v6プラス」 にも対応していますので、混雑時でも快適にインターネットを楽しむ事ができます。

■ v6プラスとは – DMM光 https://hikari.dmm.com/v6plus/

お得なセット割引あり

DMM光と    DMM mobileを利用すると、毎月500円引きになります。

一番安いライトコース(200kbps)475円なら、セット割-500円で、DMM光単体で契約をするよりもお得になります。

DMM光を利用すると、200KbpsのSIMカードが実質無料でもらえる」という感じでしょうか。

IIJmioやOCNなどでも同様の割引をしていますね。IIJmioの場合は600円引き、OCN光は1回線につき200円引き(最大5人・1,000円引きまで)となっており、他社よりも若干割引額が低めですが、標準的と言えるでしょう。

 二段階定額について

DMM光では「定額コース」と「2段階定額コース」の2つから選べます。しかし、以前の記事でも書きましたが、2段階定額コースは「クソほどオススメできません」!

なぜなら、今年、Windows10のアップグレードで6~7GBも自動的に更新ファイルがパソコンにダウンロードされている事がありました。

https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1804/26/news008_2.html

これからもWindows Updateなどの更新ファイル関係で、コントロール不可なデータ転送量が増えてしまう自体が起きると予測できるからです。

なので、もしDMM光を利用する場合は、「2段階定額コース」ではなく普通のコースの方が良いです。

まとめ

DMM光の月額料金(マンションタイプ 税抜き 3,780円~)は他のコラボサービスの中で安い方です。4,000円以下だと、ぷらら光(3,600円)やエキサイト(3,360円)くらいしかないので、安いプロバイダーを探している方にはぴったりです。

しかも、DMMの動画などを独自の回線を使って速く表示ができるようなので、よく利用する方にも良いですね。

DMM動画をDMM光で視聴する時の速さの図

しかも、キャッシュバック5,000円(新規)or 3,000円(転用)もらえます。Google検索からDMM光のサイトに行って登録してもキャッシュバックはもらえません。

ちなみにキャッシュバックは2019年8月25日(日)の18:00にリンク先サイトが消滅するようなので、それまでに申し込むと良いと思います。

キャッシュバックは終了しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク