DMM光からのおすすめ乗り換え先プロバイダーを選んでみた

dmm-hikari

「DMM光」が2019年9月1日から楽天が運営することになりました。

この頃は様々なプロバイダーが出てきており、

  DMM光から乗り換えるべき?
  DMM光からおすすめの乗り換え先はあるのか?

と気になっている方が参考になる記事になっております。

DMM光から乗り換えるべきか?

光コラボの事業者変更をしている人のイラスト

結論から申しますと・・・

  速度に不満がなければ、特に乗り換える必要はない

です。

きっと「いますぐに乗り換えろ!」という人は多いでしょうが、個人的には

いまで満足してるならそのままで良い!

ということを強く申し上げたいです。

安易に他社に乗り換えることで逆に速度が遅くなったりすることもありますので、速度の評判を調べてから乗り換えをすることがおすすめです(5chでプロバイダー名を検索して、書き込まれている内容が速度の不満ばかりだと要注意)。

しかし、DMM光の速度が遅くなったりした場合は乗り換えたほうが良いです。

いまはプロバイダーの乗り換えに工事費はかからない時代(事業者変更という新しい制度ができた)なので、事務手数料(平均3,000円くらい)くらいで低コストで他社プロバイダーに乗り換えることができるので結構お得です

「事業者変更」に関する参考記事

ついに光コラボレーション間の事業者変更が工事不要で可能になりました。各プロバイダーの状況を交えてまとめました。 ウェブ上に載ってい...

DMM光と他社プロバイダーの料金を比較してみた

DMM光はマンションタイプの月額料金が4,083円ということで、他のプロバイダーと比べると一般的な価格です。

DMM光
月額料金  マンションタイプ 4,083円 (税込)
月額料金  戸建て 5,256円 (税込)

他のプロバイダーと月額料金を比べてみましょう。※マンションタイプの料金で順位をつけています。

プロバイダー 月額料金  マンションタイプ 月額料金  戸建て

安い
enひかり 3,718円 4,818円
GMO光アクセス 3,773円 4,818円
おてがる光 3,773円 4,873円
MEC光 3,850円 4,950円
高い
DMM光 4,083円 5,256円
楽天ひかり 4,180円 5,280円
BIGLOBE光 4,378円 5,478円
ドコモ光 4,400円 5,720円
So-net光プラス 4,928円 6,138円

DMM光より月額料金が安いプロバイダーは

  • enひかり
  • GMO光アクセス
  • おてがる光
  • エキサイトMEC光

です。ちなみにこちらの4社は解約金・縛りなしです。

DMM光より月額料金が高いプロバイダーはどれも違約金・縛りありです。でも、キャッシュバックがもらえたり、1年無料になったりします。

どちらが良いかは人それぞれですが、個人的には「キャッシュバックは要らねえから月額料金を安くしてほしい」派です。縛りありのプロバイダーは解約する時期を選ばなければいけません

1年無料でおなじみ「楽天ひかり」はどうなのか?

楽天ひかり」は、楽天モバイルと一緒に持つと1年間無料になります。

しかも、楽天市場で購入するとポイント倍率が+1倍増えます。楽天で買物しまくる人はお得になると思いますが、私のように1ヶ月に3,000円くらいしか楽天で購入しない場合はほとんど恩恵はないです。だって1ヶ月で+30ポイント貰えるだけです。逆にがんがん、1万円以上買う人はお得かもしれません。

あと、今年ニュースになりましたが、2021年10月に起こった地震で障害が起きることがあったので、サービスの安定性に関して不安な面があります。同時間にわたしが使っているぷらら光は一切障害は起こりませんでした。

とはいえ、楽天モバイルと一緒に使うと1年無料になるので、

1年間楽天ひかりを使ってから他のプロバイダーに乗り換える

という方法も良いと思います。

また、楽天ひかりのメリット・デメリットについてこちらの記事で書いています。

1年間無料の楽天ひかりはどういう人が加入するとお得なのか、また加入しない方が良いパターンもあるので注意(引っ越しの予定がある方等)。利用者の速度の評判の紹介もしています。あとはルーターはクロスパス対応の上位機種を使った方が速度が安定すると予想されます。

どこのプロバイダーがぶっちゃけおすすめなのか

棒グラフで比較するイラスト

たくさんプロバイダーがあってどれが良いのか悩ましいですね・・・

一応、DMM光より月額料金が安いプロバイダーを中心におすすめを書いていきます。

個人的におすすめなのは・・・

  enひかり ← 速度制限なし 縛りなし 
  GMO光アクセス ← 速度制限なし ルーター無料レンタル 縛りなし 
  おてがる光 ← 縛りなし

こちらの3大巨頭となっております。

enひかり」(月額3,718円)は料金がめっちゃ安いのにも関わらず、速度が安定しており、しかもサポートもしっかりしています。縛りなく、速度制限なし。

enひかりの月額料金や他社との比較、速度の評判、申込前に気を付ける注意点などの他にメリット・デメリットについて書いています。工事費は有料ですが、縛りがなく公平制御を行っていません。IPv6で選べるV6プラスやクロスパスについても紹介してます。

GMO光アクセス (月額3,773円)はenひかりに次ぐ、月額料金の安さに目を惹かれます。しかも、V6プラスで速度も安定しています。最近、出てきたサービスで結構人気が出ています。こちらも縛り・速度制限なし、無料でルーターレンタルできます。

たまに乗り換えキャンペーンや特典がもらえる場合があります。

GMO光アクセスにメールで問い合わせたら「速度制限をしていません」とかなり断言していました。月額料金はV6プラス(IPv4 over IPv6)対応してんのに、月額料金が凄く安いし工事費無料。でも、申込時に気を付けないとお得じゃなくなる点があるので注意。

おてがる光」 (月額3,773円)も月額料金が安くて加入者が増えているようです。もちろん縛りが一切ないので気軽に使えるのが良いです。たまに5,000円キャッシュバックなどのキャンペーンもあります。

新しい光回線「おてがる光」のメリット・魅力、また加入する際に気を付けるポイントについて筆者独自の視点で書いています。料金の安さ、IPv6(V6プラス)とIPv4(PPPoE)が利用できます。オンラインゲームにもぴったり。また、デビットカードで支払いができない点に注意した方が良いです。
MEC光」(月額3,850円)は以前、速度制限を行っていたそうですが、今は改善されているようでそういった声が少なくなりました。

DMM光から他社プロバイダーに乗り換える方法

光コラボちゃんが変身するイラスト

DMM光から乗り換える方法は簡単です。

  1. DMM光に電話(0120-660-481)をして「事業者変更承諾番号」をゲットする。※西日本の方は「契約ID(CAF番号)」も貰う。
  2. 乗り換えたいプロバイダーに申し込む際に、DMM光で貰った「事業者変更承諾番号」を入力

詳しくはDMM光のサイトに書かれています。

https://hikari.dmm.com/beginner/collabo_change_out/

DMM光でV6プラスのオプション付けている場合は、オプションを解除してもらうことも忘れずに。乗り換え先でV6プラスが使えなくなります。
私は「エキサイト光」→「ぷらら光」に事業者変更で乗り換えしました。その時の実際の手順をこちらの記事で解説しています。
光コラボから他の光コラボに乗り換えた時の体験談と手順を書きました。2019年7月から工事費無料で事業者変更が可能になりました。エキサイト光からぷらら光に移行して速度も向上し満足しています。MEC光も基本的に同じ乗り換え方法なので参考にしてみて下さい。

まとめ

 そもそも、DMM光の速度に不満がなければ乗り換える必要はありません。しかし、不満がある場合は乗り換えたほうが良いですし、最近はDMM光よりも月額料金が安いプロバイダーがたくさんあります。

関連記事
在宅勤務やテレワーク・リモートワークに使える安くて速い光回線を5つ紹介しています。夜でもネット回線が遅くなりにくいIPoEやIPv6が使えるプロバイダーがおすすめです。工事費は有料の場合が多いですが、その分、違約金や縛りなしなのでいつでも解約できます。
V6プラスの速度が遅いと感じている方が増えている原因として、近年、プロバイダーが通信速度制限を行っている場合があるようです。IPoEでも公平制御を行っていない光回線プロバイダーについて実際に問い合わせた結果を載せています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク