SoftBank Airや賃貸のWi-Fiが遅い方におすすめの安い光回線(2020年)

Softbank airが遅くて、光回線に乗り換えたい人のイラスト

Softbank airや賃貸で備え付けのWi-Fiの速度が遅すぎて、PS4やSwitchのゲームができない!光回線に乗り換えたい!という方は結構多いです。

私は以前、Twitterで

「PS4のゲームがめっちゃ遅いので光回線を引きたい」

といった相談を受けたことがあります。

相談をさせて頂いたその女性は結局いろいろ悩んだ末に「NTT系のコラボ光」の回線を引いて、

Softbank airの時よりも10倍速度が上がった

と満足していました。 ということで、家でばんばんパソコンやスマホで動画を見たり、ゲームをされる方にもおすすめな光回線をまとめました。

「賃貸に住んでいて大家から許可がおりない」という場合は、Softbank airのまま使っていくか、WIMAXなどに乗り換えた方が良いかもしれません。

ということで、

「光回線の工事をしても問題ない自宅や賃貸の方」

の方をメインに話を進めていきます。

NTTは電話線を引くことができる端子があれば、大体は光回線を引けます。まず、大家さんや管理会社に問い合わせると良いかもしれません。

大東建託では電話線やエアコンのダクト穴を使う場合、インターネット回線を引くことができます。

わたしも大東建託の賃貸アパートに住んでいますが、特に管理会社に一切連絡せずにプロバイダーに申し込みました (室内の電話のコンセントパネルみたいなのを外して線をするする引っ張るだけの工事でした)。下記のQ & Aを見ても、穴を開ける工事が必要な時だけ連絡したほうが良いみたいです。

大東建託でエキサイト光を引いた時のコンセントパネル

2015年にわたしが大東建託の賃貸アパートでエキサイト光を引いた時のコンセントパネルの写真です

インターネット設置工事を行いたいが許可してもらえるか | ご入居中のみなさま – 大東建託

部屋にある配管(電話線・エアコンのダクトの穴など)利用して設置する場合は設置可能です。 壁に穴を開けるなど工事が必要な場合は工事内容を確認いたしますので、『お問い合わせフォーム』よりお問い合わせください。

https://faq.kentaku.co.jp/faq_detail.html?id=199


Wi-Fi使っていてドラクエ10やフォートナイトがクソ遅い!

とかいう方にもおすすめ記事です。

なぜ、Wi-Fiより光回線のほうが良いのか

レンタルのWi-Fi機器 (Softbank AirやWIMAXなど) と 光回線の根本的な違いは

レンタルWi-Fi    速度制限あり
光回線    速度制限なし

です。

光回線だといくらYoutubeを見ようが、ゲームをダウンロードしようが、速度制限がかかることはありません (24時間ずっととんでもない何ペタバイトとかのファイルをダウンロードしまくっていたらさすがに制限がかかるかもしれませんが)。

レンタルWi-Fiに速度制限が設けられているということは、それだけ「ユーザーのデータ量を調整しなければいけないほど帯域に余裕がない」という環境ということです。

一方、光回線は帯域に余裕があるので、ユーザーに速度制限を行う必要はありません

最近は加入者が増加しているので、一部のプロバイダーでは公平制御という方式でユーザーの速度を抑制しているプロバイダーもあります (MEC光、BB.excite光 Fit、@nifty光)。

レンタルWi-Fiサービスだと、ゲームのアップデートで何GBも容量をダウンロードする場合、速度制限がかかってとても遅くなってしまいますが、光回線ではそういった心配は一切ありません。

光回線の工事費が無料のプロバイダー

光回線の工事費を無料にして欲しいイラスト

やはり、工事費は無料のプロバイダーが良いですよね。意外と工事費が無料の光回線は少ないです。 工事費が期間限定のキャンペーンなど関係なくずっと無料なのは(2020年5月 現在)

  DTI光 : 月額3,600円 (7ヶ月後にキャッシュバック)
  So-net光 : 月額4,480円 (工事費 毎月割引)
  nuro光 : 月額4,743円 (工事費 毎月割引)

です。

他もたまに工事費無料キャンペーンを行っているので、色々なプロバイダーのサイトをチェックしてみると良いです。

また、工事費はかかりますが、月額料金が業界最安レベルで安くて(3,480円)、V6プラスが使えるので速度の安定が期待できるプロバイダー

  enひかり : 月額3,480円 (工事費15,000円)

も最近人気が出てきています。こちらは工事費は戸建てとマンションともに15,000円です。戸建ての場合は一般的なプロバイダーだと18,000円かかるので、良心的だと思います。

enひかりのスクリーンショット

速度が安定している「IPoE」が付ける光回線プロバイダーを選ぼう

最近、光回線のプロバイダーでは新しい技術を使った「IPoEというオプションサービスがちょこちょこ出始めています。簡単に言えば、

混雑しにくい回線です。

今の所、これがめちゃんこおすすめです。

だから、従来型の光回線(PPPoE)だと「夜になると遅くなる」という不満がありましたが、IPoEだと、1日中、安定してインターネットができます。なので、光回線を選ぶ時は利用できるプロバイダーを選ぶと良いです。

PPPoEとIPoEの違いのイラスト

ちなみに、今回紹介した中でこちらのIPoEサービスを行っているのは、

「enひかり」(サービス名:V6プラス)
「So-net光」(サービス名:V6プラス)
「DTI光」(サービス名:OCNバーチャルコネクト)

です。

というか、今の光回線プロバイダーのほとんどはIPoE (IPv6とかIPv4 over IPv6とも呼ばれている)に対応しています。

「nuro光」はV6プラスに対応していませんが、V6プラスよりも速度が速いので心配しなくて良いです。

nuro光は最近、IPアドレスが海外になってしまう事例が多発しているので、ゲームをやりたい方はゲームの運営側に連絡をすると解決するようです。

エリアを調べるべし

光回線のエリアのイラスト

「enひかり」「DTI光」「So-net光」はNTT系なので全国どこでも使えます。

「nuro光」は北海道・関東・関西・東海・九州エリアでしか使えないので事前に調べておいた方が良いです。

自分が住んでいる所がnuro対応エリアじゃなかったわ~って方は、NTT系が良いです。

無線LANルーターを買わねばならんのか?

wg1200hs3の画像

IPoEサービスを使いたい場合は対応のルーターが必要ですが、

ほとんどのプロバイダー側でレンタルサービスを行っています

プロバイダーがレンタルサービスを行っていない場合は、自分で買う必要があります。ルーターはレンタルしないであえてAmazonや家電量販店などで買うのも賢い選択です。なぜならレンタルされる機種は性能的にいまいちなものも多いですし、長く利用する場合は買った方がお得です。

ちなみに私はWG1200HS3というNEC製の無線LANルーターを使っています(価格は4,900円くらい)。プロバイダー「ぷらら光」で使っています。不具合などなくなかなか良いです。ちなみに工事費はかかります (マンション15,000円、戸建て18,000円)。

わたしが「ぷらら光」を8ヶ月使ったレビューはこちらの記事で書いています。DTI光と同じく月額3,600円で安くて、IPoE対応ルーターを使うと速度が安定します。

■エキサイト光からぷらら光に乗り換えて8ヶ月。生活がどう変わったか

光コラボ「エキサイト光」から「ぷらら光」に事業者変更で乗り換えて8ヶ月。評判が悪いと言われているが、実際に使い続けてどうなのか、感想や速度の計測について詳しく載せています。また、乗り換えてインターネットライフがどう変わったかについても書きました。

ワンポイトメモ

どのIPoE対応ルーターを買えば良いか迷ってしまう方も多いと思いますが、ちゃんと調べて対応した無線LANルーターを買うことをおすすめします。

DTI光の場合 → OCNバーチャルコネクト対応ルーター
enひかり、So-net光の場合 → V6プラス対応ルーター

■ IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)接続確認済みリスト|動作検証情報|サポートデスク|AtermStation

http://www.aterm.jp/product/atermstation/topics/warpstar/ipv6.html

■ 対応機器一覧|DTIのIPv6(IPoE)接続サービス

https://4466.jp/device/

お値段は一般的なルーターと同じく5,000円くらいで購入できます。

まとめてみた

表にまとめてみました。

※    マンションタイプの場合

DTI光 enひかり So-net光 nuro光
  月額料金 3,600円 3,480円 4,480円 4,743円
  工事費 無料 15,000円 無料 無料
  IPoE (高速回線) あり あり あり
  速度 ○ 1Gbps ○ 1Gbps ○ 1Gbps ◎2Gbps
  従来の回線 (PPPoE) あり なし あり あり
  ゲームできるか
  無線ルーターのレンタル/月 300円 300円 無料 無料

So-netの月額料金は36ヶ月間は2,980円ですが、36ヶ月以降は4,480円になります。

enひかりは従来の回線(PPPoE)が使えませんが、PPPoEは混雑しやすい回線なので特別な理由がない場合は、混雑しにくいIPoE回線だけで問題ないです。

ということを踏まえますと、

  快適にゲームしたい人は 「nuro光」 がおすすめ
  IPoEオプションを付けると夜でも速いぞ
  とにかく月額料金を安くしたい方は 「enひかり」 が良い

という感じです。

どこの光回線が良いか、公式サイトなどを見つつ、時間をかけて焦らずに落ち着いて選んでみて下さいね。どれにしようか迷いまくった方は下記の記事のYES/NO診断をやってみると良いと思います。

星の数ほどプロバイダーが多い昨今ですが、どこの業者が自分にぴったりなのかすぐに分かるチャートを作ってみました。「どこのプロバイダーに...

こちらの記事ではその月のお得なプロバイダーを紹介しています。

2020年7月になりました。いちおう、自粛期間が終わって、以前よりは申込み殺到!というレベルではなくなっている印象です。 さて...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク