GeForce NOWを光回線で実際に遊んでみたぞ!(遅延&画質をチェック)

GeForce NOWでDead by Daylightを遊ぶキャラクターとナースのイラスト

みなさん、GeForce NOWをごぞんじですか?簡単に説明すると、

性能が低い普通のパソコンでもグラフィックがめっちゃ美しいオンラインゲームを遊べるサービス

です。※ 基本的にSteamやEpicで所持しているゲームのみ遊べます。

「GeForce NOW」は海外のNVIDIAという会社が作ったサービスで、数年のベータテスト後に2020年2月に正式サービスになりました。

そして、日本では2020年6月からソフトバンクがGeForce NOWと提携してサービスを開始することになりました。

以前、ベータテストに応募したら、先日サーバーに空きが出たということで私も遊べることになりました。1次・2次と落ちて、2回目の無料プレサービスで当たりました (私は2019年11月くらいに応募しました。もしかすると応募順なのかしら?)。

実際に光回線で遊んでみたのでいろいろ検証&レビューしてみます。

  筆者がGeForce NOWを合計60時間程度、プレイした感想です。

ということで、こちらの記事は

  ポケットWi-FiでGeForce NOWで遊んでるけど、光回線だとどんな感じなのか気になる
  IPoE (IPv4 over IPv6) でGeForce NOWをプレイできるのか知りたい
  Dead by Daylightやりたいけど、普通のPCしか持ってない

といった方におすすめの記事です。

GeForce NOW ってなんだ?

GeForce Nowのサイトのスクリーンショット

検証レビューしていく前にまず、GeForce NOWってなんやねん?とお思いの方もいると思うので、かなり簡単に解説していきます。

知ってる方は読み飛ばしください。

いままでは高価なゲーム用のパソコンを使わなければ、グラフィックが豊かなゲームはプレイできませんでした。そこらへんの家電量販店でババーンと売られてるノートパソコンとかはゲーミング用ではないので、起動はできても操作がカクカクしたり、動きが遅くなったりしてしまいます。

しかし、GeForce NOWでは、そのカクカクする要因の高負荷な処理をインターネット回線を通じて行います。日本に設置されたサーバー(現在、東日本に1箇所、西日本に1箇所)で行い、映像だけをこちらのパソコンに送ってくれます。

文字で書いてもわかりにくいと思うので、イラストを描きました。

GeForce NOWの簡単な仕組みのイラスト

GeForce NOWはオンライン上のサービスです。購入して、自分の家に設置するものではありません。

STEAMやEPICはゲームのデータを保存してくれる場所です。本来はゲームプラットフォームのソフトを自分のパソコンにインストールしなければいけませんが、GeForce NOWを使うと、GeForce NOWのサーバーの中にインストールしているので、自分のパソコンでインストールする必要がなくなります。

また、ゲームのソフトって20GBとか100GBとかめっちゃ    大容量なのですが、それらをぜんぶGeForce NOWのサーバー内に保存してくれます。だから、自分のパソコンのハードディスクやSSDの容量を気にすることがなくなるので最高です。

フォートナイトとかAPEXとかやりたいけど、自分が持ってるパソコンは普通のノートパソコンで容量がめっちゃ少ないんだよね・・・

っていう方にも、GeForce NOWはおすすめのサービスです。

GeForce NOW Powered by SoftBankのサービス内容を調べる

  実際に光回線でGeForce NOWで遊んでみた

無料プレサービスに当選してから、GeForce NOWを合計60時間くらい遊んでいます

自宅の私の環境は・・・

  光回線 (ぷらら光 マンションタイプ「V6エクスプレス」[IPoE (OCNバーチャルコネクト])
  Windows7 ノートパソコン – メモリ12GB / CPU core-i5 / インテル Core i5-6200U プロセッサー (2.3GHz) / 3MB / インテル HD グラフィックス 520
  無線LAN(5GHz) & 有線 (ルーター:WG1200HS3)

wg1200hs3の画像

使用したルーターはNECの「WG1200HS3」です。4,000円台後半で買えるのでお求めやすいです。しかもとてもコンパクト。

グラフィックの性能は普通のノートパソコンなので「520」です。普通にYoutubeみたりするのはまったく問題ないどころか、とっても快適です。でも、Steamのゲームをするとカクカクします。3Dなどのグラフィックを処理する性能だけが良くないパソコンです。

まずは無線LANで検証してみます。5Gが普及すれば、無線でゲームをする人も増えるでしょうし。

ゲームをする前にGeForce NOWの [   設定歯車アイコン]→ [ネットワークテスト]で速度状態を計測してみました。

GeForce NOWの回線チェック (OCNバーチャルコネクト)

バンド幅 (Mbps) >50
フレーム損失(%) 0.0
遅延(ms) 32

でした。

今回は無線LANですが、有線LANだともっと良い値が出るはずです。

※ 下に有線の場合の値を載せています。

ストリーミング品質の設定は「カスタム」を選びました。「バランス」を選ぶと1920×1080 120FPS にもできます。VSyncはよく分からんですが、とりあえずONにしてます。

GeForce NOWのストリーミング品質の設定

Dead by DaylightをGeForce NOWで遊んでみたよ

いままでずっとこの低スペックと呼ばれるノートパソコンでDead by Daylightを遊んできました。そういった普通のノートパソコンだと全画面に設定するとカクカクしていました。画質は「LOW」で解像度は0%にしてもです。もし最高画質「ULTRA」にすると、なんにも動かないレベルになります。

それが、GeForce NOWだと

  • 「ULTRA」
  • 「全画面」
  • 「解像度100%」

でもばっちりスルスルと高画質で動くようになりました。

回線が不安定になると、画面右のほうにアイコンが表示されます。

黄色だと少し画質が荒くなります。

赤いボタンになると、もっと荒くなったり音声がとぎれとぎれになります。

GeForce NOWの回線状態 (赤)

ぷらら光は速度は常に100Mbpsをキープしているので、GeForce NOWのほうが不安定なのかもしれない。もしくは無線LANだから?より深い検証が必要かもしれません。

実際に遊んでみた様子を録画した動画をYoutubeに載せましたので、参考にしてみて下さい (3分)

なかなか画質がきれいです。こちらはGeForce NOWで「ctrl+g」から使える録画機能で録画してみました。

  余談ですが、GeForce NOWの録画機能はOBSやStreamlabs OBSよりも高画質で録画ができています。調べてみると、ビットレートは10000Kbps前後で記録しているようです。

OBSでそれくらいのビットレートで設定してもこれほど画質がきれいにはならないです。マイクをONにして自分の声も録画に乗せることができるようですが、オーディオインターフェースの選択が不可なので、実用的ではありません。

単純にゲームプレイとゲーム音声だけを記録するにはめっちゃ良い機能だと感じました。

GeForce NOWはいまのところ、1回のセッションで最大4時間まで遊べます。

残り時間が40分になると画面上部に、タイマー的に時間が出てきます。数秒出てきて消えます。

GeForce NOWの残り時間の表示

また、30分を過ぎるとまた表示されます。

このあとゲームを終了したので分かりませんが、おそらく残り時間10分や5分になるとまた表示されるのではと思います。

遅延は結構ある

映像を見ただけでは遅延は分からないと思いますが、実際にプレイしていると気になる点もありました。

まず・・・

  無線LANだとスキルチェックの応答が遅い

です。5Ghzでもです。

普通のノートパソコンでもプレイするとき、画面に映るオブジェクトを減らした場所(上を向いたり、室内の場合)でスキルチェックを行うときより、「遅延」を感じました。体感的にはfps値は20~30くらいでした。

グレートを狙うのはなかなか至難の業でした。

グッドを狙う場合、下記のように、このあたりでボタンを押すイメージです。

GeForce NOWのdbdのスキルチェックのコツ

Switch版のDead by Daylightみたいな感じかもしれません。

Dead by Daylightの場合は限られた範囲内でボタンを押さなければいけない状況が頻繁に出てきます。例えば「決死の一撃」(通称:ストライク)ででてくる範囲の狭いスキルチェックはかなり大変かもしれない。FPSゲームなら、銃などを撃つ際それだけ少し遅れるということになります。

でも、この遅延も何十時間も遊んでいくと慣れていきました。

GeForce NOWの方がクソ不安定なときがある

なにげなくGeForce NOWを起動してみたら、アホほど不安定なときがありましたので、録画してYoutubeに載せてみました。

さすがにこのまま試合に行くのは他のチームメイトに悪いので、チュートリアルをプレイしてみました。なかなか笑っちゃうレベルの低画質です。

[録画日時 2020年3月3日 23時] – Streamlabs OBSで録画 / 下部中央の黒い箇所はウェブカメラを隠しています

音が途切れるし、クリックしても反応するのは数秒後、という感じでゲームなんてプレイできません。これなら低スペックのパソコンの方が何倍もましです。

2020年3月3日23時24分のぷらら光 OCNバーチャルコネクトの速度結果

2020年3月3日23時24分のぷらら光 OCNバーチャルコネクトの速度結果

自分の光回線があかんのかと思って、スピードテストをしてみましたが、いたって普通でした。

測定サイト:Netflix
  ダウンロード 130Mbps
  アップロード 73Mbps
  レイテンシ アンロード済み 26ms
  レイテンシ ロード済み 21ms

2020年3月3日 23時の速度テスト(GeForce NOW)

バンド幅 (Mbps) >50
フレーム損失(%) 0.0
遅延(ms) 39

なにが原因だったのか、分かりませんでした。GeForce NOWはたまにこういう事があるのかもしれません。

こういうことが起こったのはこの1回のみで、それ以降は普通にプレイできています。

  ゲーム配信もしてみる

ちなみに2回ほどTwitchで配信をしてみましたが、1時間半に1回くらい画質は荒れましたが、ゲームに支障がでるほどではありませんでした。

OBS(配信ソフト)の設定は

1280×720 / 60fps / ビットレートは5000kbps です。

ゲームを配信するときはプラットフォームの最大ビットレートによりますが (Twitchの場合は最大6000Kbps)、私の光回線のアップロード速度は常に70Mbps以上出ていたので特に問題ありませんでした。

GeForce NOWのアプリがSteamを起動するよりメモリをあまり食わないので、配信も楽にできるかもしれません。調べてみたら、配信ソフトのOBSのほうがメモリを多く使っていました。

有線LANでゲームプレイ&配信をしてみた

(追記 2020/03/23)

有線LANを使って、Dead by Daylightをプレイし、その様子をTwitchで配信しました。OBSの配信設定は無線の時と同じく、

1280×720 / 60fps / ビットレート 5000kbps

プレイ前に速度テストを行いました。

OCNバーチャルコネクトの速度

2020-03-22 12時13分 ぷらら光 V6エクスプレス(OCNバーチャルコネクト)の速度 (有線)

測定サイト:Netflix
  ダウンロード 190Mbps
  アップロード 210Mbps
  レイテンシ アンロード済み 13ms
  レイテンシ ロード済み 16ms

OCNバーチャルコネクトでGeForce NOWをプレイする前のネットワークテスト

2020-03-22 12時14分 ぷらら光 V6エクスプレス(OCNバーチャルコネクト)のネットワークテスト(有線)

バンド幅 (Mbps) >50
フレーム損失(%) 0.0
遅延(ms) 23

無線LANのときと比べて、遅延(ms)やアップロードの値がとても良いです。

始めるまでは「プレイした感じは無線とあまり変わらないんだろうな」って思っていましたが、

あきらかにプレイ感が向上し安定していました。

まず、先ほど述べた「スキルチェックの応答」ですが、有線LANのほうが若干、反応が良かったです。体感的には無線LANより10~20%くらい向上した感じがします。無線よりもfps値が+5くらいになったような印象。

そして、接続の不安定さを示す「黄色アイコン」の出現率が減りました。「赤」もほとんど出ていません。文字もPCでプレイしている時のようにくっきりはっきり表示されていたので、回線が安定していることが分かりました。

それでも、PCでプレイするよりは応答が少し遅いような感はあるので、過度な期待はしないほうが良いと思います。

以降、いままで4ヶ月以上ずっと有線でやっていますが、無線5Gよりまじで安定しています。ブロックノイズが出ることはほとんどありません。

久しぶりにPCにインストールしたSteamでやってみた

追記 2020/06/04

GeForce NOWが5月27日に無料プレサービスが終了し、正式サービスが始まるまで使えなくなったので、しょうがなくPCにインストールしたSteam上でDead by Daylightをやってみました。

フルスクリーンにするとカクカクしてプレイできたもんじゃない!しかし、画面をちいさくしてプレイしてみたところ、なんと・・・

PCのほうがGeForce NOWよりスキルチェックの反応がよかった

です。普通のノートパソコン(メモリ12GB)でもですよ!

スキルチェックでボタンをおすときのタイミングが早すぎて、ボガン!と失敗することが多かったです。ということは・・・GeForce NOWで早めにスキルチェックのボタンを押すことに慣れていたのでしょう。

GeForce NOWはPCより、遅延がなかなか大きい

と感じました。

比較しないと分からないです。まぁ、慣れれば問題ないとは思います。GeForce NOWの場合、スキルチェックが4時6時の位置にあるとかなりの難易度ですが、PCで画面を小さくしてプレイするとそんなに難しくないです。

しかし、GeForce NOWの利点使っていていいなと思うのは

フルスクリーン&解像度を上げても、カクつきなしでFPS値が落ちずに遊べる

という点です。普通のパソコンで実況生配信も行う場合はGeForce NOWのほうが良いかもしれないです。なので、少々の遅延は慣れていくしかないのかもしれない・・・

大阪サーバーが追加されたあとの使用感

追記 2020/07/27

2020年7月23日に大阪にサーバーが追加されました。

私は福岡に住んでいますが、いままでは東京のサーバーに繋がっていました。今回、7月23日に大阪サーバーが追加された事で、私のGeForce NOWでは自動的に大阪サーバーに繋がるようになりました。

GeForce NOWの設定・大阪サーバーのスクリーンショット

大阪サーバーは「JP Central S1」という名称のようです。

こちらの設定で「Dead by Daylight」をプレイしてみました。なんと、スキルチェックや操作感がかなり良くなりました。

感覚としては

10%くらい反応が良くなった

感じがしました。東京サーバーのときと同じ気分でスキルチェックでボタンを押したら、早めに押されてボガン!と失敗しました。

オーバーチャージのときのスキルチェックも頑張れば成功しました。※ 東京サーバーのときは成功したことがありません。

キャラクターの動作もコントローラーを少し動かすだけでスルスル動いて反応が向上した気がしました。

東日本の方なら東京サーバーで問題ないと思いますが、西日本の方で”反応が遅い!”と感じている方は設定で 「JP Central S1」を選んで、GeForce NOWを再起動すると良いと思います。

まとめ

  光回線 (IPoE) でも問題なくGeForce NOWでオンラインゲームができました。私の場合はぷらら光のV6エクスプレス (IPv4 over IPv6)でしたが、ほかのV6プラスなどといったIPoEサービスでも変わらないかと思います。

まとめると

  光回線 (OCNバーチャルコネクト) でもGeForce NOWでプレイできるし、実況配信もOK
  GeForce NOWは少し遅延があるし、たまに画質が乱れるときがある
  応答速度がシビアに求められるゲームをプレイする場合は有線のほうが良い

という感じでしょうか。

ポケットWi-FiだとYoutubeを見たり、ホームページ閲覧くらいなら良いけれど、GeForce NOWはきつそうな気がしますね。データをがんがん使用しますし。低画質に設定したとしても、

1時間で最低5GBくらいデータを使います

でも、データ通信量無制限のWi-Fiなら大丈夫だと思いますが、実際は制限が設けられている場合があるので厳しいかも。とにかく

  GeForce NOWやりたい人は IPoE (V6プラス or OCNバーチャルコネクト) が使えるプロバイダーが良い
  なるべく有線LANを使おう

です。

今回、GeForce NOWで検証したぷらら光のV6エクスプレス OCNバーチャルコネクトについては下記の記事で定期的な速度計測の数値などを交えて書いているので参考にしてみて下さい。

OCNバーチャルコネクトを実際に6ヶ月間使用した感想を、筆者が計測した回線速度やpingの結果と共に解説しています。ぷらら光ではPPPoEとV6エクスプレスを併用して使う事ができています。オンラインゲームも特に問題なくプレイでき、Youtube liveで配信も行えています。

   あわせて読みたい

星の数ほどプロバイダーが多い昨今ですが、どこの業者が自分にぴったりなのかすぐに分かるチャートを作ってみました。「どこのプロバイダーに...
光コラボ「エキサイト光」から「ぷらら光」に事業者変更で乗り換えて8ヶ月。評判が悪いと言われているが、実際に使い続けてどうなのか、感想や速度の計測について詳しく載せています。また、乗り換えてインターネットライフがどう変わったかについても書きました。
スポンサーリンク