速度で困ってる人は「eo光」等の電力系が意外と穴場かも

パソコンデスクに座っているeo光の猫の絵

2022年9月上旬に「nuro光」がめちゃ遅い!という声で話題沸騰。てんやわんやの大騒ぎ。

そのうち、ヤフーニュースやITmediaなどの大きな媒体でも取り上げられるようになりました。

【2022年09月22日】「NURO」が一時Twitterトレンド入り 回線の不安定さから怒りの声相次ぐ 集団訴訟を検討するユーザーも【追記あり】 – ITmedia NEWS

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2209/22/news195.html

そのほか、コロナ渦にフレッツ系のプロバイダーの速度への不満がSNS系でよく見られました。

nuro光では2022年~2023年にかけて設備増強を行い、速度が改善しているという声もちらほら見られるようになっています。

設備増強しても、まだ回線が遅いと感じている人は乗り換えを検討していると思いますが、

  結局、どこの回線が良いの?

と悩んでいる方も多いでしょう。

乗り換える人の多くはフレッツ光の他プロバイダー、auひかりなどを選ぶケースが多いですが、

意外と「電力系の回線」は穴場かもしれません

次の項目でその理由を書いていきたいと思います。

  なぜ電力会社の光回線がおすすめなのか

考えているeo光の猫

なぜ電力系の回線が良いのか、結論を書きます。

それは

  電力系の回線はNTT系などの回線より利用者が少ないので、速度安定が期待できる

という点にあります。

2022年9月の光回線シェアの割合を見ると・・・

1位:NTT東日本

2位:NTT西日本

3位:KDDI (auひかり等)

そして4位がオプテージ「eo光となっております。

出典:(2022年9月) FTTHの上期純増数、減少比率は過去最大 ≪ プレスリリース | 株式会社MM総研

https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=561

電力系の回線の中では1位ですが、全体的なシェアを見るとまだ少なめです。

光回線は、利用者が少なければ絶対に速度が速くなる、とは断言できません。

しかし、nuro光は当初、あまり利用者も多くなく知名度もありませんでした。そして、その頃は「知る人ぞ知るめちゃ速い回線」だったのです。

有名Youtuberなどがちらほらと「nuro光引きました~」とか言っているのを見たこともあります。

やはり、回線を利用者で割っているわけですから、人が増えていくとその分遅くなります。その代わりにちゃんとプロバイダーが設備増強を行えば良い訳ですが、怠っていると利用者の速度が遅くなるのは当然です。

いまのところは電力系の回線にめちゃ人が集まっているという感じはないので、現在は電力系の回線は選択肢としてかなり良いのではと思います。

※ 今後、電力系の回線が凄い人気になってきたら、遅くなる可能性はあります

  実際に電力系の回線に乗り換えた人の話を読んでみる

青い鳥を見ているeo光の猫のイラスト

電力系の回線はいろいろあります。

  • eo光 (関西・近畿限定)
  • Pikara光 (四国限定)
  • コミュファ光 (東海限定)

などがあり、それぞれ住んでいる地域によって加入できる回線が変わってきます

今回は当サイトでも少し紹介している「eo光」に絞ってみました。

最近、「nuro光」から「eo光」 に乗り換えた人の声をSNSで読んでみました。

4年前以上からnuro光に加入していて、eo光に乗り換えた方のツイートです。1~2年と書かれてある事から、コロナ渦の2020年くらいから速度が落ちていたようです。pingも低いので、ゲームでもいけるかもしれない

 eo光の5ギガコースに加入された方のツイートです。ダウンロード速度1.4Gbpなのでなかなか速いです。Pingが平均15ということですが、こちらは私が使っているぷらら光とあまり変わらないです。

 eo光に問い合わせた際の窓口のサポートが良かった、という声もありました。

電力系回線の速度はどうなんだ

バイクに乗っているeo光の猫と鳥のイラスト

みんそくという「利用者が速度を測れるサイト」で各プロバイダーの速度結果ランキングページを見てみました。

10位内に4つも電力系の回線がランクインしています。

1位 : 電力系  コミュファ光ゲーミングカスタム [東海限定]

2位 : フレッツ光クロス

3位 :電力系 eo光 [関西限定]

4位 :電力系  コミュファ光 [東海限定]

5位 : nuro光

6位 :電力系 Pikara光  [四国限定]

7位 : NCV光

8位 : NTC光(長岡ケーブルテレビ)

9位 : TNCひかりdeネット

10位 : キャッチネクスト

(2023/01/06調べ:出典 https://minsoku.net/speeds/optical/rankings)

遅いと言われていたnuro光が5位に入っているので、最近の設備増強のおかげで速度が回復しているのかもしれません。

あとは新潟、山形など地元のケーブルテレビの回線が上位を占めています。やはり地域限定の回線はなかなか強いです。

  電力系の回線にもデメリットはある

困っているeo光の猫のイラスト

電力系の光回線、最高じゃん!とお思いでしょうが、少しデメリットはあります

eo光」の場合ですが、「月間データ通信量」という制限が設けられており、

「利用者がこれ以上の通信量を超えたら、速度を制限しますよ~」

というものが存在します。

わたしはぷらら光を使っていて、以前サポートに「速度制限してるのか」と問い合わせたら「制限をかける場合があります」と言われました。※ 実際のデータ量までは教えてくれませんでした。

eo光では実際の数値がオフィシャルページに載っています。

下記がeo光の速度制限のデータ量です。

  eo光の速度制限がかかるデータ量
コース 月間データ通信量の上限
10ギガコース 20TB(約20,000,000MB)
5ギガコース 10TB(約10,000,000MB)
1ギガコース 5TB(約5,000,000MB)
100Mコース 2TB(約2,000,000MB)
100Mライトコース 2TB(約2,000,000MB)

https://support.eonet.jp/usqa/net/40003383_14139.html

具体的なデータ量の数値まで出しているプロバイダーは珍しい、というかとても正直です。

※ ちなみに他記事でも書いていますが、公式サイトなどでは公表はしていませんが、8割くらいのプロバイダーはこっそり制限制度を設けています。

さきほどのデータ量に関してですが、例えば、速度1ギガコースの場合は5TBのデータ量を超えると速度制限がかかります、という意味です。

5TBってすぐにいっちゃいそうな気がしますが、どうなんでしょうか。

実際にわたしの場合で計算してみました。

  普通に使っててeo光の月間データ通信量の上限は超えるのか?計算してみた

計算しているeo光の猫のイラスト

わたしはインドアですし、家にいることがとても多いです。

だいたいいつもYoutubeを見ています。テレビはほとんど見ません。

週末はかかさずオンラインゲームを5時間 &ゲーム実況も行っています。

以下はわたしのデータ量のシミュレーションです。

  1ヶ月のわたしのネット・ライフスタイルと通信量の目安
Youtube  1080p 視聴 (1時間:2.1GB)
1日4時間= 8GB × 31日
248GB
PS5  ゲームのアップデート 50GB
ゲーム実況 1080p (1時間1GB × 月25時間) 25GB
その他  OSアップデートやサイト閲覧 10GB
合計 333GB

わたしの場合は333GBくらいになりました。

わたしが現在使っている「ぷらら光」でも速度制限が設けられていますが、333GBくらい使っていても実際に速度が制限されていると感じることがないので、おそらくeo光と同じく5TB程度の上限なのかもしれません

これに加えて、Netflixで4K映画を1日2時間見る場合も考慮してみましょう。

  Netflix 1時間 14GB × 30日 = 420GB

なので、多く見積もっても、合計753GBくらいになりそうです。

以下は「わたしがシミュレーションしたデータ通信量」と「eo光のデータ通信量の上限」を比較したグラフです。

月間データ通信量の上限のグラフ

100Mライトのデータ通信量の2TBまで、まだ余裕があります。

と言っても、

  • 映画好きなカップルは100MBコースだと超えちゃう危険性があるので、1GBコース以上が良い
  • 同居人が複数名、それぞれの部屋で上記の生活スタイルを送れば1GBコースのデータ量・5TBを超えそう

です。

ということで、

「普通に使っていてeo光のデータ通信量の上限を超えるのか?」の問いには、

家族全員がYoutube視聴、PS5ゲームに配信やりまくり、Netflixで毎晩高画質映画を見ない限り、データ量を超えることはない

と言えそうです。

逆にそういう電脳系バリバリのご家庭の場合は10TBまでの通信量上限の「5GBコース」に加入すれば問題なさそうです。

【eo光】公式サイト

  電力系回線「eo光」の特典が結構良い

特典に喜んでいるeo光の猫のイラスト

eo光の月額料金はどんな感じなのか、見ていきましょう。

 eo光・マンションの月額料金  eo光・戸建ての月額料金
1年目 2年目 1年目 2年目
速度1GBコース 建物によって変わる
2,300円~
3,280円 5,448円
速度5GBコース 3,280円 5,960 円
速度10GBコース 3,280円 6,530 円

加入して3年以降は長割が適用され、毎月100円~500円安くなるので、利用し続ければし続けるほどお得です。

eo光が利用できるエリアは

大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県

となっています。

戸建ては上記の料金の通りですが、マンションは建物によって料金が変わるのでいちどエリアチェックをしておいたほうが良いです。

eo光の公式サイトでエリアを調べる

eo光ではいろいろなキャンペーンが行われています

ちなみに戸建てとマンションで特典内容が異なっています。

eo光のキャンペーン情報
 マンション  戸建て
工事費 実質無料 実質無料
乗り換えキャンペーン 最大15,000円もらえる 最大60,000円もらえる
商品券 3,000円もらえる 15,000円もらえる
月額料金割引 550円/月 × 24ヶ月 1年間 月額3,280円
mineo割 330円割引/月 ずっと 330円割引/月 ずっと
限定キャンペーン Amazonギフト券・ 42,195円分を抽選でプレゼント

他社からeo光に乗り換える際の違約金・撤去費用を最大60,000円(マンションは15,000円)まで還元されます。

最大60,000円ってなかなかすごいですよね。

「違約金などが高すぎて乗り換えに躊躇しちゃう・・・」

という方の悩みはだいたい解決しそうです。モバイルルーターの違約金もいけるのが凄い。

上には書いていませんが、「eo光 」× 「Netflix」 をセットで加入するとNetflixが1年無料になったりするので、下記のサイトで随時チェックしておくと良いです。

eo光の最新キャンペーン情報を公式サイトで調べる

まとめ

 今回書いたことのまとめです。

  • 電力系の回線は人が少なめなので、速度安定に期待
  • 速度ランキングで上位を占めているのは電力系回線
  • 速度制限のデメリットもあるが、普通に使っていれば問題ない
  • 乗り換え特典が太っ腹

以前は電力系の回線ってあまり注目していませんでしたが、SNSなどの評価や速度ランキングなどを見て「なかなか良いんじゃない?」と感じています。

また、電力会社系なので経営的にいろいろと余裕なイメージがあります。

唯一のデメリットとして「速度制限」がありますが、自身のシミュレーションの結果、そこまで問題ではないのではという気がしました。

大体、フレッツ光などの有名どころを選びがちですけれど、電力会社系の光回線も選択肢として考えてみても良いかもしれませんね。

関連記事

在宅勤務やテレワーク・リモートワークに使える安くて速い光回線を5つ紹介しています。夜でもネット回線が遅くなりにくいIPoEやIPv6が使えるプロバイダーがおすすめです。工事費は有料の場合が多いですが、その分、違約金や縛りなしなのでいつでも解約できます。
星の数ほどプロバイダーが多い昨今ですが、どこの業者が自分にぴったりなのかすぐに分かるチャートを作ってみました。「どこのプロバイダーに...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク