1年無料の楽天ひかりは契約すべき人・しない方が良い人がいる

最近、1年無料キャンペーンでめちゃめちゃ人気が出ている「楽天ひかり」。

  • 毎月、子育てにお金が飛んでいくのよね・・・
  • 収入が減ったのですこしでも家計を節約したい・・・

そんな多くの方にとって「楽天モバイルと一緒に使うと1年間無料になるなんて、こんな最高なことはない!」と考えるでしょう。

しかし、果たして本当に最高でお得なのでしょうか?そして、契約する前に気を付けるポイントはあるのか?

こちらの記事は・・・

  楽天ひかり、めっちゃ気になるけど、私には合っているのか?
  毎月の出費を少しでも抑えたい

という方は参考になるのではと思います。

  筆者は光回線サイトを運営して6年目で、親や兄弟に安心して勧められるものを紹介しています。

楽天ひかりに契約しない方がよい人・した方が良い人はどんな人?

最初にめちゃめちゃ簡単に結論を書きますと・・・


契約したほうが良い人

月額料金をめちゃ安くしたい人
楽天市場で月に1万以上は買い物をする人
引っ越しの予定がない人

です。


逆に、楽天ひかりに契約しないほうがよい人

引っ越しの予定がある人

です。

それぞれの詳細は下記のメリット・デメリットの中で詳しく書いていきます。

楽天ひかりのメリットとデメリットは何だ?

お得な楽天ひかりにはいくつかのメリット・デメリットもあるので、解説していきたいと思います。

楽天ひかりのメリット

まずはなんといっても

  月額料金が1年間無料になる

という点でしょう。これだけの理由で加入する方はかなり多いようです。

こちらは楽天モバイルと一緒に契約すると1年無料キャンペーンが反映されます。

※ 楽天モバイルと同時に契約する必要はなく、翌月15日までに楽天ひかりに契約すれば良い

しかし、楽天モバイルとは契約していない方でも、毎月2,000円割引になります。

とはいっても、楽天ひかりに契約する方のほとんどは楽天モバイルと一緒に契約をしているのでは?と思います。

他のメリットは

  楽天市場のSPUが+1%になる (楽天モバイルと合わせれば2%) 

楽天市場では商品を購入するとポイントが付きます。1円=1ポイントです。

なにも契約していなくても通常は1%のポイントが付くのですが、楽天ひかりに加入していると、1%(通常)+1%(楽天ひかり)= 2% になります。また、楽天モバイルも使っていると、そのまた上乗せで 2%+1%(楽天モバイル)= 3% になります。

わたしは楽天モバイルを使っているので、いつも楽天市場で商品を購入するときに、2%のポイントが貯まっています。

なんだかんだで、毎月100円くらいはお得になっているかな?

わたしは毎月お米を購入するくらいしか楽天は利用しないのでそこまでポイントが貯まりませんが、がんがん買い物をする方、たとえば、毎月1万円とか買う方は200ポイント (楽天モバイルも使っていると300ポイント) 貯まるので、月額3,960円のプロバイダー(ぷらら光、DTI光)と同じくらいにお得になるかも。

  デビットカードで支払いができる

デビットカードOKのイラスト

クレジットカード持ってないよ!

という方でも、ちゃんとデビットカードで支払えます。

「楽天銀行デビットカード」
「スルガデビット」

のみが使えます。

こちらのどちらかを持っている方は良いですね。

デビットで払うとデビットカードのほうのポイントが貯まったりするので、楽天ポイントとはまた別にお得になると思います。

  クロスパス (IPv4 over IPv6) に対応しているので速度が比較的安定

最近はどこも、従来のPPPoEを使わずに、IPv4 over IPv6 が使われています。

以前の主流であったPPPoEとは違い、IPv4 over IPv6は回線が混みにくく、夜でも比較的速度が安定していると評判が良いです。

クロスパスでも同じ仕組みが使われています。

PPPoEとIPoEの違いのイラスト

とはいっても、ここ何年かは、IPoE や IPv4 over IPv6であっても、利用者が増えてきたせいで、混み合ってくると遅くなるパターンも見受けられます。これに関しては他の記事で書いています。

2020年4月から「@nifty光のV6プラスの夜の速度が遅くなった」という声をよく見るようになりました。理由は公式のお知らせに書かれているように公平制御が関係している可能性があります(IPv6接続オプションも対象)。詳しく解説や独自の考察と乗り換え先のおすすめのプロバイダーについても載せています。

ということで、

IPv4 over IPv6 だからといって、ぜったいに速くなる!とは思わないほうが良い

です。これはどこのプロバイダーでも同じです。

そこらへんは運もあるので、いろいろと利用者の声をチェックしておくと良いかもしれません。(「(◯◯◯ プロバイダーの名前)  速度」などでTwitter検索するとか)

また、クロスパスを利用するには、クロスパスに対応したルーターを購入する必要があるので、ぜったいに買って下さい!

対応してないルーターを持っている人は、お金はかかるけど買い替えたほうが良いです。安いのは4,000円台からあるのでそこまでの出費ではないと思います。

いろいろありますが、わたし的におすすめなのがNEC「WG1200HS4」です。個人でこれの前のバージョン使っていますが、壊れることなく、まぁまぁそこそこの速度が出ています(100~200Mbpsくらい)。もちろんクロスパスに対応してます。ヨドバシとかで買えばいいと思う。

Aterm WG1200HS4 | 製品一覧 | AtermStation

https://www.aterm.jp/product/atermstation/product/warpstar/wg1200hs4/

wg1200hs4の画像

めちゃ小型で軽い


実際に楽天ひかりの「クロスパス」の速度はどれくらいなのか調べてみました。

めちゃ良い例がこちら ↑ の方です。300Mbps以上出ているのは凄いですし、とても重要なのが「ping」がとても低い点です。応答速度が早いとゲームも安定すると思います。おそらくですが、この方はかなり良いルーターを使っているのでは?と思います。

WG1200HS4の上位バージョンの「WG2600HS3」(9000円くらい)では700Mbpsも出るそうです。こっちのほうががんがん速度が出そうです。

以下は速度そうでもないという声です。

楽天ひかりの公式サイトには実測値が載っていて、600Mbpsくらい出ています。計測の際にWG1200HS4が使われているそうですが、そんなに出るのかしら・・・

Twitterでいろんな声をざっと読んだ感じでは、速度は80Mbps~110Mbpsくらいが多い印象でした。まれに400Mbps超えている方もちらほらいました (上位機種のルーターを使っているのかも)。

そう考えると、わたしが使っているぷらら光と同じくらいの速度です。Youtube見たり、PS5でゲームをしたり実況配信をするくらいではまったく問題なくできています。

Softbank Airなど遅い回線(数メガくらいしか出ない)使っている方は、楽天ひかりに乗り換えるのはとても良いと思います。

みんなの速度調査のようなサイトって、マンションがVDSL(最大100Mbpsしか出なかったり)かどうかも分からないので、より詳しい情報を書いているTwitterを調べるほうがリアルに近い情報が出るのかもと思います。

楽天ひかりの公式サイトで最新キャンペーン内容を見る

デメリット

速度もそこそこ出るようですし、楽天ひかりと楽天モバイルを一緒に利用すると1年無料になるし、なにかデメリットや落とし穴はあるのか?と調べてみました。

デメリットというか注意すべきポイントがありました。

それは、

  1年無料期間に引っ越しをすると、以降、無料期間がなくなる

です。

本当なのかなと思って、楽天ひかりの公式サイトの事項を見てみたら、本当でした。

楽天ひかりを引っ越す時の1年無料の対象外のスクリーンショット

異なるサービス・プランへの変更や設置場所変更 (引っ越し等) を行った場合

https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/campaign/one-year-free/mno_b.html?l-id=rhk_hikari1yf_01#sec6

これから1年以内に引っ越す予定がある方で、1年無料を狙っている方は注意したほうが良いです。

  3年契約 かつ 違約金が約1万円くらいかかる

楽天ひかりは3年契約です。

契約更新月は、開通月翌月を1カ月目として36カ月ご利用後、翌月の1カ月間(37カ月目)です。また、36カ月満了の次の1カ月間は契約解除料が発生しません

と書かれているとおりです。

36ヶ月から次の1ヶ月以外に解約をすると、違約金が10,450円 (税込み) かかります。

楽天ひかりのみで契約をした場合、毎月2,200円割引になるので、5ヶ月間利用すれば (11,000円) 違約金代の元が取れるという計算になります。

楽天ひかりと楽天モバイルで契約した場合は、マンションの場合は3ヶ月戸建ての場合は2ヶ月以上利用すれば、違約金の元が取れます。

他社で行われている「30,000円~40,000円キャッシュバック」 = 「楽天ひかり 1年無料キャンペーン」とほぼ同じですね。1年以内に引っ越す可能性がある方は、年内にキャッシュバックをごそっともらえるプロバイダーのほうが良いのかも。

楽天ひかりってどんな回線?

そもそも楽天ひかりってなんだ?という方もいらっしゃると思います。

「楽天ひかり」は楽天市場が運営している光回線サービスです。以前は楽天ブロードバンドという名前でしたが、いつしか名称が変わりました。

楽天ひかり
  月額料金 アパート・マンション 4,180円 /月 (税込)
  月額料金 戸建て 5,280円 /月 (税込)
  IPv6 オプション 無料 (クロスパス)
  無線LANルーター 自己購入
  転用・事業者変更手数料 1,980円 (新規は880円)
  工事費 マンション:16,500円 戸建て:19,800円 すでに光回線を引いて使っている人は無料
  違約金 10,450円 (税込) (3年契約)
  支払い方法 口座振替 (110円)・クレジットカード (※デビットカードは楽天デビット、スルガデビットのみ可)
  速度 最大1Gbps
  対応エリア NTTフレッツエリア(全国)
  目玉ポイント 楽天モバイルと一緒に利用すると月額料金が1年間無料

楽天市場でのSPUが+1%

楽天ひかりの公式サイトでサービス内容の詳細を見る

月額料金は、いたって光回線プロバイダーの平均的な料金といった印象。工事費も他のNTT系のプロバイダーと同じです。

楽天ひかりでは、いまどこのプロバイダーでもサービス提供している「IPv4 over IPv6」にも対応しています。

VNE業者は主流な「V6プラス」「OCNバーチャルコネクト」とは違い、アルテリアネットワークス社の「クロスパス」が使われています。こちらは最近出始めたサービスではありますが、特段、他社と比べて速度が劣っているものではありません。

まとめ

結局、まとめますと、楽天ひかりにおすすめな人というのはいずれかに該当する方が良いです。

  1年間は引っ越す予定がない (1年無料が欲しい方)
  楽天市場でよく買い物をする (1ヶ月に1万以上とか)
  Wi-Fi レンタル とか Softbank Airに不満があるので、光回線を探している方

逆におすすめではない方

引っ越す予定がある。転勤がよくある会社で働いている。
楽天市場でそんなに買い物をしない (1ヶ月に3,000円程度のみ)

という感じです。

まとめのまとめ

 楽天ひかりって速度はそこそこなのか、と思って調べてみたら、意外に速度が出ている人もいるので、上位機種 WG2600HS3 (9,000円とか) のルーターを買ったら、楽天ひかりでもかなり速度が安定するのかもしれない。とにかく1年以内に引っ越す方は、気を付けたほうが良さそうです。


「楽天ひかりの現在のキャンペーン情報」 
2021/07/30)

  楽天モバイル と一緒に使うと1年無料、単体でも1,980円キャンペーン (継続中)

  最新のキャンペーンは変わるので、随時チェックしてみて下さい

楽天ひかりの公式サイトで最新キャンペーン内容を見る

スポンサーリンク